新生活やコロナ禍のストレス軽減に 貼るお灸、瞑想、漢方薬、腎臓タッチ 

愉快に生きる

新学期や新生活はワクワクもあるけれど、緊張や不安もありますよね。加えて、長引くコロナ禍、気づかないうちに、ストレスがたまっています。
そんなわたしを助けてくれる愛すべきモノゴトは、
あったかいお灸ゆったり瞑想安心感の漢方薬ほっこり腎臓タッチ

かかりつけの鍼灸師さんや中医師さん、漢方医学や心理学の先生等に教わって、実践し、助けられているものばかりです。
心からホッとできますので、お福わけします🌞

アラ還母
アラ還母

最近も、改めて、「ああ、癒やされる~」と実感

いまこそ必要、自分を助けてくれる知恵方法

愉快な仲間
愉快な仲間

自分に優しく!

自分をいたわろうね


 [愉快に生きる]シリーズでは、
わたしらしく愉快に生きたい!と願う元新聞記者アラ還母が、人生子育て、仕事、日常生活のなかで、困ったり迷ったりしたときに助けられた「愉しく生きる知恵」や「癒やされた考え方」や方法を、エッセイとともにお福わけします。 

あったかい お灸 ツボ押し

アラ還母
アラ還母

北京五輪 銀メダルのカーリング日本代表㊗リザーブの石崎琴美選手が貼る「お灸」を北京に持参したと聞き、さすが!と思いました。

愉快な仲間
愉快な仲間

お灸は、内臓の血流を良くして直接作用したり、自律神経を整え、さまざまな不調を改善、免疫力をあげ、なにより、ほっこり癒されるものね(^^)

アラ還母
アラ還母

うん。スポーツ選手でなくても、お灸やツボ押しは、日常生活
特にコロナ禍の新生活には、是非、取り入れたい

自分で簡単にできるよ!


おすすめのツボ

1日のおわり、湯船に浸かると、必ず押しているツボがあります。定期的にお世話になっていた鍼灸師さんから教えてもらいました。

それは、

① 三陰交さんいんこう (冷え性、婦人科系疾患、ストレス) 

② 太渓たいけい  (ストレス、腰痛、腎機能③ 足三里あしさんり 免疫力アップ、胃痛、便秘、腰痛④ 太衝たいしょう ストレス、自律神経、肝機能⑤ 合谷ごうこく  免疫力アップ、頭痛、胃痛、便秘、首、肩のコリ、目の疲れ


まずは、片足ずつ、足首を何回かグルグル回して、上記のツボを、1カ所につき、軽く、ほんの数回、ゆったりゆっくり押します。

40度のお湯のなかで、ツボを押しながら、「ストレス軽減~」「免疫力アップ~」「首肩コリすっきり~」と頭の中で思い、じわじわと温まる身体を感じます。

女性の味方、三陰交(さんいんこう) ストレス発散、腎機能に、太渓(たいけい) 

足の内側 三陰交 太渓
① 三陰交さんいんこう  内くるぶしの頂点に小指を置き、指4本分上、人差し指のあたり  太渓たいけい 内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ

「せんねん灸」公式YouTube

「せんねん灸」公式YouTube

免疫力アップや胃腸に、足三里(あしさんり)

足の外側 足三里
③ 足三里あしさんり 膝のお皿の下の外側のくぼみに人差し指を置き、指4本分下、小指のあたり

自律神経や肝機能に、 太衝(たいしょう) 

足の甲 太衝ツボ
 太衝  足の甲、親指と人差し指の骨が交わるところのくぼみ

 

「せんねん灸」公式YouTube

免疫力アップ、首から上の諸症状に、合谷(ごうこく)

アラ還母
アラ還母

手の合谷は、万能のツボ

いつでも気づいたときに気軽に押せますよ

ツボ 合谷
⑤ 合谷 人差し指と親指の骨が交わるとことにあるくぼみ やや人差し指寄りの場所

「せんねん灸」公式YouTube

家で手軽にできるお灸でリラックス


同じツボを、お灸で温めると、さらに深部にじわりと効きます

アラ還母
アラ還母

友人に話すと、「お灸って、自分でできるの⁈」とビックリされますが、

お灸は、家で、驚くほど、手軽に簡単にできますよ

お灸の選び方や使い方ツボ押しやツボストレッチなど、詳しくは、こちらをご覧くださいね。

五輪カーリング選手も癒やす⁈「貼るお灸」免疫力上げ、ストレス緩和!「ツボストレッチ」も
万能のツボ「合谷」、女性必須のツボ「三陰交」など、免疫力アップやストレス緩和に効くツボに、自分で簡単に貼れるお灸をしたり、ツボストレッチで複数のツボを一気に刺激すると、血流や心身状態が改善します。スポーツ選手ばかりでなく、アラ還母のコロナ禍の強い味方です!

手を刺激し内臓を元気に、ツボをたたいて感情を解放する!
中指の甲側第一関節から第二関節の間を1分ほどさすると首が回りやすくなります。病気予防や症状を改善する手の反射区の刺激方法や、ツボをたたいて身体にたまった感情を安全に解放、ストレス発散する方法をお福わけ。どんな自分も愛おしくなります。

冬や加齢 「腎臓」が弱りやすい 

空咳、不眠、夜間尿、むくみ冷えなど、「腎臓」が弱っているときの症状がありませんか⁈

「腎臓」は、尿、血圧、骨、血液、免疫力に関係する大切な働きを担い、腎臓が弱まると心臓や肝臓にも影響が出てきます。

は、腎臓の機能が低下しやすい時期。
また、加齢と共に「腎」は弱くなります。

アラ還母
アラ還母

わたしは、不眠、夜間尿など、「腎臓」が弱っているときの症状が思い当たります😢

腎臓に効くツボ 「腎兪(じんゆ)」


背中の腎兪じんゆというツボにお灸をすえると、腎臓の力を補うことができます。
ヒジと同じ高さで、背骨の両脇を親指で押して気持ちよく感じるところ腎兪じんゆです。

「せんねん灸」公式YouTube



漢方医学では、右側の腎愈は、免疫系を、左側の腎愈は泌尿器系をつかさどるといわれ、
異常があると、腎愈が張ったり、痛みが出ることも。

ストレスで免疫力が低下したり、貧血気味うつ傾向のときは右の腎愈が張ったり、痛みを感じることがあり、

泌尿器系の異常の場合は、左の腎愈が張っている、といいます。

触れて確かめてみてください。

ちなみに、腎臓を触って癒されたら、次は、手のツボ「合谷」をもんで刺激してみてください。

右の腎愈が張っている場合は、右手の合谷を、
左の腎愈が張っている場合は、左手の合谷を、1,2分刺激してから、
再び、腎愈を触ると、柔らかくなっているのを感じられますよ。

詳しくは、こちらもご参照ください!



五輪カーリング選手も癒やす⁈「貼るお灸」免疫力上げ、ストレス緩和!「ツボストレッチ」も
万能のツボ「合谷」、女性必須のツボ「三陰交」など、免疫力アップやストレス緩和に効くツボに、自分で簡単に貼れるお灸をしたり、ツボストレッチで複数のツボを一気に刺激すると、血流や心身状態が改善します。スポーツ選手ばかりでなく、アラ還母のコロナ禍の強い味方です!



そして、お灸をして癒やしましょうね。

お灸には、火を使わないモノ煙の出ないお灸もあります。自分で、背中や腰にお灸をする場合は、そうしたお灸を使うと安心。



あるいは、上記の足の太渓たいけいにも「腎」を補う効果があります。
背中を通る経絡は手足にも通じていますから、
わたしは、自力で押せる場所のツボで、十分、効果を感じます

ツボも個人差があるので、セルフケアをする場合は、ツボの示された場所を探すというより
ほかの場所より硬い場所くぼんでいる場所、何より、触ってみて気持ちいい場所を押したり、お灸をすればいいそうです。

アラ還母
アラ還母

わたしも、自分のきもちいい、お灸したい!と感じる場所にしています(^^)



最近は、娘が背中にお灸をしてくれます。
背中には、「腎兪」以外にも内臓にも関係する、たくさんのツボがあり、癒やされ感は抜群
押して気持ちいい肩甲骨まわりにもお灸をしてもらいます。

お灸をしたり、してもらったりするのもいいですね(^^)

アラ還母
アラ還母

冬に弱りやすい「腎臓」をそのままにしておくと、春や夏の体調にも響くと聞きます。
巡る季節、アラ還のわたしは、まずは、「腎臓」のケアを心がけています。


愉快な仲間
愉快な仲間

寒さばかりでなく、緊張などで筋肉が硬くなると、首コリ肩こり背中コリなども実感しますよね。

お灸は、じんわりと温まり、そんなときには、特に気持ち佳き(^^)

ゆったり 瞑想

むずかしいことはしていません。宅トレYouTuber 竹脇まりなさんの瞑想動画に合わせているだけ。

これが、想像以上にゆったりでき、頭がパンパンになったときなど、YouTubeをつけて、ごろんと寝転び、まりなさんの声に身体を委ねます。

たった5分、10分の瞑想で、身体がリラックスして、頭がスッキリします。
これまでにない体験で、これには、わたし自身がビックリしました。
時間は問わず、あ、いま、瞑想したい!と感じたときにやっています。

頭をスッキリ癒やす方法は、こちらも参照してくださいね。↓

脳や考え方のクセを知り、癒され、ポジティブになれる方法
すべての絶望は勘違い⁈ 認知心理学の知識や宅トレYouTuber竹脇まりなさんの瞑想動画が不安や心配を手放し気楽に過ごす手助けをしてくれます。脳のクセや自分の考え方のクセを知り、ストレスを吹き飛ばしちゃおう!

安心感 漢方薬

コロナ禍は、いろんな不安で、胸がザワザワすることが多くなりました。そんな方は、多いと思います。

ストレスから、わたしは、持病の逆流性食道炎が悪化したり、むくみがでたり、珍しく頭痛に悩まされることもあったり。イライラしたり、気分が滅入ることもあります。

同時に、ウイルス感染への不安も募って、心配することで体調が悪くなり、体調が悪いとネガティブになって、過剰にウイルス感染への不安も大きくなる、といった悪循環も😢


アラ還母
アラ還母

そんなわたしを助けているのが、漢方薬です

まずは、①体質に合わせた漢方薬免疫力をアップして心身の健康を増進、

同時に、②ウイルス感染への不安を解消するために、感染症対策の漢方薬も常備。

わたしは、基本的には中医師さんのいる漢方薬局を利用しつつ、クラシエツムラなどの漢方薬はネット購入もしています。

【Yahoo!ショッピング】から探す




詳しくはこちらを参照してくださいね。

体質に合わせた漢方薬で免疫力UP、コロナ禍には板藍根や柴葛解肌湯
感染症予防&コロナ禍、特に備えた漢方薬は、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)、板藍根(ばんらんこん)、銀翹散(ぎんぎょうさん)など。生理痛、更年期症状、イライラや不安感に即効性のある漢方薬も常備しています。「体質」「症状」に合わせた飲み方は?

漢方薬を使うときに大切なこと、上手な付き合い方
免疫力アップは漢方薬の得意分野。コロナ禍にも免疫力アップは必須です。元新聞記者のアラ還母が専門家に学んだ、漢方薬の基礎知識、自分にあっているか確かめる方法、西洋薬との違いなど漢方薬との上手な付き合い方をお福わけします。

コロナ禍で、逆流性食道炎が悪化

コロナ禍以前は、

子宮筋腫持ちで、漢方的なタイプでいうと血液が汚れ血流も悪いけつの体質を持つわたしは、
これを改善するたん心方しんほう血流が原因の頭痛や頭重感、肩こり、むくみなど)、

さらに、
ストレスなどで喉の詰まり感を強く感じ、心身を健康に保つために必要なエネルギー(気)の流れがスムーズでない気滞体質であることから、
これを改善する半夏はんげ厚朴こうぼくとう不安感や緊張感、神経性胃炎や動悸、ぜんそく、気管支炎など)を処方されていました。

漢方薬の効果を感じ、調子が良かったのですが、

コロナ禍が長引くなかで、持病の逆流性食道炎が悪化、胸焼け喉の違和感、夜間の咳き込み💦など、逆流性食道炎の症状が強く出るようになりました。

そこで、かかりつけの中医師さんの判断で、現在は、半夏はんげ厚朴こうぼくとうを一時中止して、半夏瀉心湯はんげしゃしんとうを処方されています。
半夏厚朴湯に作用は似ていますが、消化不良や精神的要因での、みぞおち付近のつかえを取り去り、炎症も抑えることから、逆流性食道炎の症状がおさまるまで、しばらく半夏瀉心湯はんげしゃしんとうに変更しています。

漢方薬は、体質に合わせた漢方薬を飲むことが大切です。体質に合う漢方薬は免疫力アップ期待できます。

アラ還母
アラ還母

飲んでみて、「いい感じがする」ことも大切。

自分に合わない漢方薬もあるし、副作用も出ることがあります。
要注意です

板藍根(ばんらんこん)と柴葛解肌湯(さいかつげきとう)   

コロナ禍、中医師さんから、中国では昔からインフルエンザ予防に使われているというばんらんこんと、

中国で軽症のコロナ治療にも使われているというさいかつとうを勧められ常備しています。

これらの漢方薬を備えていることで、感染症への過剰な不安を解消できている気がします。

ばんらんこんは、
感染リスクが高い場所に出かける前と後に飲んでいます。
最近では、歯医者さんの前後に飲みました。症状がなくても、抗ウイルス作用を期待して予防のつもりで飲んでいます。

また、喉痛があるときにもばんらんこんをのむと、効き目を感じます。口内炎が頻発したことがありましたが、ためしに飲んだら、炎症が落ち着いた経験もあります。

さいかつとうは、
喉痛やだるさ、微熱、寒気など、実際になんらかの症状が出たときに飲んでいます。
ちょっとだるいな、寒気がして微熱があるかも、そんなときに飲むと、わたしの場合は、これまでのところ、症状は明らかに改善します。

アラ還母
アラ還母

感染症に負けない免疫力を備えるために、
また、コロナ禍の不安からくる症状に備えるために、


漢方は、身体はもちろんですが、

わたしにとっては、心を助ける常備薬になっています


コロナ禍での不安感緊張感など神経の高ぶりを鎮める漢方薬などについては、こちらを参照してくださいね。

体質に合わせた漢方薬で免疫力UP、コロナ禍には板藍根や柴葛解肌湯
感染症予防&コロナ禍、特に備えた漢方薬は、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)、板藍根(ばんらんこん)、銀翹散(ぎんぎょうさん)など。生理痛、更年期症状、イライラや不安感に即効性のある漢方薬も常備しています。「体質」「症状」に合わせた飲み方は?

即効性もあり、効果を実感するのは、抑肝散よくかんさん半夏厚朴湯はんげこうぼくとうです。

ほっこり 腎臓タッチ

自律神経を癒やしたり、鍛えたりする方法は、これまでも記事にしましたが、
「腎臓」が心身の健康において非常に重要な器官であることが分かります。

ストレス軽減、心の安定に! 腎臓に触れて リラックスする方法 
免疫や神経系、ストレスに関係がある腎臓を手のひらで触れると温かく癒されます。身体と神経系の統合をベースにしたセラピーや気功、漢方医学の知恵や詳しい方法を、元記者アラ還母がお福わけします。コロナ禍こそ癒されよう。 

ストレスを癒し、自律神経を調える方法 自分に優しく、自分を大事に
自律神経系を調えると自己の中に安全感をもたらします。特に人とつながってリラックスする副交感神経「腹側迷走神経」を働かせることが必要。元新聞記者のアラ還母が専門家に学び実践。余分なエネルギーを使いすぎずに、楽に過ごしましょう!

腎臓(副腎)からは、アドレナリンやコルチゾール(別名ストレスホルモン)などストレスに対応するさまざまなホルモンが出ていて、免疫機能の調整神経系のサポートなどの働きをしています。
また、副交感神経のひとつ「背側迷走神経」も腎臓を通っているといわれます。
ソマテイック・エクスペリエンシング(SE)と呼ばれる身体と神経系の統合をベースにしたセラピーで「腎臓に触れる」体験をしたのですが、実際、腎臓あたりを手のひらで触れると、温かく、癒されます。

アラ還母
アラ還母

腎臓あたりを、片方10分~20分くらい触っているだけで、
温かく、ウトウト眠くなることもあります。

お試しくださいね

手のひらには、「気」の出口と言われるツボ「労宮」があり、愛情を送り込む気持ちで、人にも自分にも触れたい!

アラ還母
アラ還母

コロナ禍では特に、
家族や大切な人の腎臓に触れたり、触れてもらうことで、
「愛情」も伝わることを実感する日々です


こちらも参照してくださいね。

脳や考え方のクセを知り、癒され、ポジティブになれる方法
すべての絶望は勘違い⁈ 認知心理学の知識や宅トレYouTuber竹脇まりなさんの瞑想動画が不安や心配を手放し気楽に過ごす手助けをしてくれます。脳のクセや自分の考え方のクセを知り、ストレスを吹き飛ばしちゃおう!

あとがき

長引くコロナ禍に、わたしが癒やされたり助けられているモノゴトをお福わけしました。

気づかないうちにストレスがたまり、心身が苦しくなることもあります。
意識的に、ほっこり、ゆったりする時間を作りたい。

ツボ押しやお灸、漢方薬、瞑想、腎臓タッチ。
ぜひ、試してみてくださいね(^^)

あわせて読みたい!

更年期・アラ還期をできるだけ愉快に過ごしましょう!

更年期の症状 対策は「漢方薬」「鍼灸」「運動」「自律神経を癒やす」「頑張らない」   
更年期が去り女性ホルモンに左右されない日々は、”それなりに凪(穏やか)”。更年期をできるだけ快適に過ごすため、自分の弱点を知って生活習慣を見直し、何より、不快を我慢せず「対策」に頼り、自分を大事にしよう。大丈夫!

更年期、「漢方薬」に助けられ、老年期への準備も 効き目や感想
のどの詰まり感、手のこわばり、むくみ、頭痛・肩こり、逆流性食道炎、イライラ、冷えのぼせ等に悩み、「血流」「自律神経」を調えるため、症状ごとに漢方薬を飲んでいます。少しずつ心身の変化に慣れ、老年期への準備もできます。

更年期の不調に「コレ、効く!」と実感 おすすめツボ8選 貼るお灸、セルフケアの方法も
女性必須、老化に負けない、自律神経やホルモンバランスを整え、消化機能改善など、足、手、お腹、背中のツボ8つ。お灸は更年期の不調改善に最適。シールで貼るお灸は安全で手軽。方法やコツもお福わけ。

インターバル速歩、まりなさん痩せるダンス、ローイング、踏み台昇降 「筋トレ+有酸素」が最強!
フレイルやサルコペニアも防ぎ、更年期症状も緩和! 体脂肪を減らし、生活習慣病リスクも減少させる「筋トレ」と「有酸素運動」。ぞれぞれやるのは面倒くさいわたしが「2つを一度にできる方法」を実践。効率的で、最強!

更年期・アラ還こそ「運動」には「アミノ酸」!「もろみ酢」と腸活兼ねて「ヤクルト&ミルミル」
筋肉、内臓、骨、皮膚や髪、血管、免疫抗体や神経伝達物質等の成分になるタンパク質。1日50㌘、バランス良く摂取しよう。特に運動直後の10㌘摂取は効果的。筋力弱まる中高年、運動にアミノ酸(タンパク質)は必須!

更年期、悪玉コレステロール値が高くなるのは、当たり前⁈ 
更年期以降の女性は、悪玉コレステロールを調節する女性ホルモンのエストロゲンが減るので、必然的に、LDLコレステロール値が上がります。が、急に心筋梗塞のリスクが上がるわけではないので慌てずに。頸動脈エコーで血管の状態を定期的にチェックすることが重要です。


タイトルとURLをコピーしました