愉快に生きる

愉快に生きる 愉快に生きる
愉快に生きる

「わたしの人生の物語」を描き、突き進め!

「好き」を貫いて生きる人たちの人生の「物語」は、なんと輝いていることか。「誰かの物語」の「脇役」ではなく、わたしが「主役」を生きる「物語」を描こう。「あなたの物語」は、あなたしか描けません。
愉快に生きる

心優しいあなたは、本当の「幸せ」を生きている/悪い人を寄せ付けない生き方

わざわざ「悪役」になり「誰かの人生」に介入する「いじめ」に、どんな対応をしたらいいのか。心理学や哲学の専門家に聞き、参考にしている方法をエッセイとともに、お福わけ。
愉快に生きる

マイナス感情を癒やし、わたしを、わたしが幸せにする!

母から「安心感」を得られなかった心は「母も不完全で、傷ついているのだから仕方ない」と思ってみても癒やされない。「愛」を求めるのではなく、「心の安心感」をわたしの中に築きたい。
愉快に生きる

「同意」も「賛成」もしなくていい、ただ「邪魔しない」! / ありのまま受け入れるヒント 2

親や祖父母が、いかに、子どもや孫の「自由な心」を邪魔していたか身にしみて分かる方法と、日々心に留めている哲学者ボルテールの言葉をお福わけ。誰かの生き方に「反対」でもいい、ただ「尊重」したい!
愉快に生きる

「心配」は、その子の「幸せ」に結びつく?/ありのまま受け入れるヒント1

全員に当てはまる「当たり前」は無い。だから、「当たり前」「正しい」と思っている考えは、たまたま、「わたし」にはピッタリだけれど、「誰か」にとっても幸せ?立ち止まって考えよう(^^)
愉快に生きる

選ぶ基準にしてきたものは、自分を幸せにした?/「世間」でなく「自分の感覚」を信じたい!

「愉しい」「ワクワクする」、そんな「自分の感覚」を頼りに「人生」を選び、「好き」で輝ける自由な社会に。雑音に負けず、思い切り「好き」を貫けますように!勇気あるあなたを応援しています(^^)
愉快に生きる

「ほめる」ことは「あなたが、あなただから愛している」と伝えること        

ほめられたら「わたしでいいんだ」と安心します。「成果」「条件」でなく「ありのままのあなただから素晴らしい」と伝えることこそが「ほめる」こと。「世間」の価値観とは無関係な「らしさ」をほめよう!専門家の「ほめるヒント」もお福わけ。
愉快に生きる

命を守るために、「いま、心がホッとすること」を優先しよう!

「過去のリベンジ」や「未来の不安」からでなく、「成果」「評判」にも執着せず、”いま心が喜ぶ” 方へ手を伸ばしたい。生活を支える相談窓口情報もご紹介。助けてくれるモノゴトにドンドン頼ろう!
愉快に生きる

ネガティブな感情も大切な心 / そう感じても大丈夫! そう感じるわたしも大好き!                

「どんな感情」も「自分に許す」ことは、「ありのままの自分」を肯定する第一歩。自分は「自分の味方」でいよう。助けられている「マイナス感情」を安全に解放する方法もお福わけ。
愉快に生きる

「みんな」を味方にする方法⁈ /「みんな」という幻想は、良くもあり悪くもある

「みんな」って何だろう。ヒトはそれぞれ「受け止め方」が異なるうえ、送り手と受け手の「化学反応」もあるから、「空気を読む」なんて、疲れるばかりで意味ない。自分が愉快になる「解釈」をし、「自分らしく」居る、これが楽。なによりハッピー(^^)